PSSの新製品 AccuSizerA2000CMS

個数カウント式粒度分布測定装置AccuSizerの新型A2000シリーズです。従来の780シリーズに比べ、センサーの改良、ソフトウェアや、インターフェイスの改良により、より精度よく、より使いやすい粒子測定が可能になりました。

A2000シリーズは、コンタミモニターとしての用途にターゲットを置いた製品ラインナップを展開してまいります。

A2000CMSはオートサンプラーを搭載し、品管での多検体測定を簡略化します。


PSSの新製品 AccuSizerA7000

個数カウント式粒度分布測定装置AccuSizerの新型A7000シリーズです。従来の780シリーズに比べ、センサーの改良、ソフトウェアや、インターフェイスの改良により、より精度よく、より使いやすい粒子測定が可能になりました。

A7000シリーズは、粒度分布の分析にターゲットを置いた製品ラインナップを取り揃えています。



Microfluidicsの新製品 マイクロフルイダイザーM815

せん断式高圧ホモジナイザー、マイクロフルイダイザーのパイロットプラントモデルです。

 

cGMPに対応した装置で、1L/min程度、バッチスケール100L程度のサンプルを処理できます。

より大型の装置へのスケールアップも容易ですので、液々系の医薬品の小スケールの生産装置に最適です。

上位モデルは、Part11対応のデータ管理も可能です。



PSSの新製品 Nicomp Online

動的光散乱測定装置(DLS)のオンラインタイプです。

通常のDLSはサンプルをバッチで測定します。しかしNicompOnlineは、自動希釈機構を搭載し、最適な濃度に希釈します。製造装置からサンプルを直接取り込んで測定することが可能です。

 

医薬品やインクなどの製品ナノ粒子の粒子径を確認しながら、工程を管理することが可能です。



PSSの新製品 AccuSizer Mini

アキュサイザーシリーズの新製品、オンラインモニターモデルです

 

半導体向けの研磨用スラリーの製造ラインなどでは、ごくわずかでも粗大粒子(LPC)が存在すると、製品そのものの品質や最終製品の歩留まりに大きな影響を与えてしまいます

AccuSizer Miniは製造ライン上でのわずかな、品質の変化をほぼ、リアルタイムにとらえ、製造工程の簡略化、製品品質の向上や歩留まり率の低下に威力を発揮します


PSSの新製品 AccuSizer A2000

アキュサイザーシリーズの新製品 A2000は、コンタミ定量測定モデルです。

 

例えば、半導体のパーツ洗浄のモニター、医薬品中のコンタミ、環境水中の微粒子の測定、さらにはエンジンオイルの劣化試験など、非常に幅の広いアプリケーションに対応可能な設計になっています。


PSSの新製品 A5000 オートサンプラー

CETACオートサンプラーは、AccuSizer、Nicompに対応したオートサンプラーです。

 

オートサンプラーの搭載により、品質管理など、多検体の繰り返し測定の現場での省力化や利便性の向上につながります

 

Microfluidicsの新製品 マイクロフルイダイザー

マイクロフルイダイザーは、細胞、リポソームやエマルションなどの、”柔らかい粒子”に特に適した、分散、破砕装置です。

 

ごく短時間に高せん断力を作用させることで、対象がエマルションであれば、粒子径のそろったサンプルの調製が可能です。

また、対象が細胞であれば、コンタミレスかつ非常に短時間に細胞を破砕しタンパク質を回収することが可能になります。

 

スケールアップ特性に優れるマイクロフルイダイザーは、特に医薬製薬業界で、ラボからプラントへ一気通貫の導入が可能になります。