粒子測定技術のパイオニア

Particle Sizing System社は、MITの研究者であり、動的光散乱(DLS)の開発者であった、Dr.デビット・ニコリー(Ph.D.)によって設立されました。当初は『Nicomp(現在は製品名)』社という名称で、DLSメーカーとして活動しておりましたが、DLSで培ったノウハウを生かして、光学的単一粒子測定法(SPOS)原理を利用した、『AccuSizer780』シリーズをリリースしました。

 

現在は、『AccuSizer780』シリーズにさらなる改良を加え、より小さい粒子を測定するための、『FX nano dual』、オンライン測定やモニタリングを可能とする『Online Mini』等をラインナップに加え、微小粒子測定に関する様々なニーズに対応可能な粒度分布測定装置メーカーとして活動しています。

株式会社ピーエスエスジャパンは、Particle Sizing System社(本社:アメリカ、フロリダ州)の日本法人として2010年に設立されました。

 

ピーエスエスジャパンは、「粒子」をキーワードにParticle Sizing System社製や、その他のメーカー製のユニークな粒度分布測定装置、造粒・分散装置の輸入、販売、メンテナンス等を手掛ける、総合的な微粒子測定機器メーカーです。

 

弊社取り扱い製品群をまとめたポスターを記載いたします。

 

それぞれの製品は、ファインケミカルや、医薬品のR&Dから、製造、QCまで幅広い分野の現場で活躍しています。

お客様の、粒子の溶媒、粒子径、検査規格など、様々なニーズに合わせて、弊社製品群から、最適な装置を選択していただくことが可能です。